CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
テレビの画面でじっくりお楽しみください
JUGEMテーマ:日記・一般
僕の仕事のジャンルは、昔、スライドでのナレーションが多く、たまに、フィルム映画のナレーションもやらせていただいていたのだが、その後、テレビ番組のナレーションがじわじわと増えてきた。そして最近では、テレビの中でもBSやCS番組でナレーションをやらせていただくことが、結構増えてきた。地上波のテレビ番組では、お客さんがたくさん入っているスタジオでの反応ぶりをオンエアすることが異様に多かったのだが、BSやCSの番組では、そういうことがほとんどないので、テレビを見ている人は、じつくりとその内容を楽しめるのである。先日、仕事としてやらせていただいたのも、BS朝日で放送される、[誘って歌って二人旅」という旅の番組である。歌手の、八代亜紀さんと伍代夏子さんが、自らの故郷である熊本県をじつくり旅する様子が事細かに描かれている。放送日はいよいよ明日の夕方。どうぞごゆつくりお楽しみくださいませ。
| 武田 広のスタジオ日記 | 11:03 | comments(14) | - |
拘束時間は延々
JUGEMテーマ:日記・一般
新年を迎えて、もうすでに三週間が過ぎようとしている。僕たちの仕事は、自由業と呼ばれるだけに、定期的な拘束時間とは関係なく、毎回、様々な時間設定のもとで仕事をさせていただいている。特に、昨年末から今年の初めにかけては特別番組が続いたため、突拍子もないスケジュールで働き続けていた。中でも一番ハードなスケジュールだったのが、昨年末の仕事。始まりは早朝の5時からで、場所も品川だったため、真夜中の2時に起きて出かける準備に入った。明け方の5時までにスタジオに入ろうとしても、電車がまだ走ってはいなかったので、自宅からタクシーで品川に向かった。仕事内容はなかなか楽しい内容だったものの、終了したのは午後1時過ぎだった。 また逆に、年明けの仕事で異常に遅くまでかかった仕事は、夕方から始まったものの、終了したのは、日付が変わった夜中の2時45分頃だった。そのため、ゆつくり自宅に帰ってきて寝る準備をしていると、窓の外にはうっすらと朝日が差し込み始めていた。このように、僕の仕事は、拘束時間が毎回変動しているので、普段から臨機応変に対応していけるかどうか、じっくりと考え続けていくことが要求されているのだろう。

 
| 武田 広のスタジオ日記 | 23:06 | comments(12) | - |
サラブライトマンの生の歌声
JUGEMテーマ:日記・一般
今年もいよいよ最後の月、12月に入った日。僕の大好きな歌手、サラ・ブライトマンのコンサートが、東京国際フォーラムのAホールで開かれた。5000人の大観衆を前に、サラちゃんはフルオーケストラの演奏をバックに非常に素晴らしい歌声を生で楽しませてくれた。二階席の中ほどで両手の握りこぶしをリズムに合わせて振りながら、僕は、身も心も喜びに浸りまくった。ステージのバックには、各曲のイメージを楽しめるよう、目を見張らせるような楽しい映像が映し出されていた。このように映像はもちろん、スピーカーからは、聞いている人の心を大きく揺さぶるような感動を、サラちゃんの生の歌声が力強く届けてくれた。僕自身、今までに何度もサラちゃんのコンサートを聞きに来ているが、やはりサラちゃんの歌声は最高に素晴らしい。聞いている僕の心の内側には、その曲によって広がる映像がビッシリと張り付いていくのが実感できた。サラちゃんの歌声は、どんな時でも僕の気持ちにビシッと響き渡ってくれるのだ。サラちゃん、本当にありがとう。
| - | 22:01 | comments(0) | - |
秋を求めて・・・
JUGEMテーマ:日記・一般
四季の美しさを感じるのが大好きな僕たちは、栃木県の那須高原に向かった。世田谷の自宅を出て首都高を経て、東北自動車道で那須インターまで一直線。那須あたりまでは、東北道を使って何度か行ったことがあるのだが、車線が広い割には、周りの景色を存分に楽しめることができなかった。那須インターを出ると、一般道をひたすら上って宿に向かった。「山水閣」の「別邸 回」に辿りついて二階の部屋から庭を見下ろすと、見事な紅葉が広がっていた。その日は、たまたま強い秋風が吹きまくっていたが、部屋の中はちょうどいい具合に暖められていたので心地よかったので、夜はぐっすり眠れた。翌朝、宿の前の道路は、頂上を目指す車でいっぱいだったが、早速、僕たちも、茶臼岳のロープウェイに乗ろうと、ボルケーノハイウェイをひた走った。でも着くと、残念なことにロープウェイは強風のため運転を休んでいたので、あきらめて車をUターンさせて、那須周辺の自然溢れるスポットを目指すことにした。 気温は7度と、結構寒かったが、これから冬に向かっていくのだろうと、晩秋の景色をじっくり楽しめるところを探すと、駒止の滝と出会った。エメラルドグリーンの滝つぼの周囲には、鮮やかなカラフルさを楽しめる絶景スポットがあった。そして、今回の旅のエンディングを飾る食事処を探していたところ、「新那須」のバス停近くで、立派なお城のような建物を見つけた。そこは、結婚式なども行われる那須ミッシェルガーデンコートの中にあるイタリアンのお店だった。まるで、中世のイギリスを旅しているような雰囲気の素晴らしいレストランで、名前は、「リストランテ ラ・ヴィータ・エ・ベッラ」。地元産の新鮮野菜に恵まれたレストランで、優雅な時間を過ごせる場所だった。その店の美味しい料理を頂きながら思ったのは、「そうだな、こういった、魅力に包まれたレストランこそ、「アド街っく天国」で是非紹介してみたいな」と、感じたことだった。
| 森での暮らし | 21:46 | comments(2) | - |
秋ならではのお楽しみ
JUGEMテーマ:日記・一般
いよいよ、暦の上では11月に入った。今年の夏は、僕の大好きな北海道で最高気温が37度に達した日もあったそうだ。東京では、雨の日がさほど多くもなかったのだが、西日本、特に九州では物凄い量の雨が降り続いたようだ。今年の秋もそろそろ晩秋と呼ばれる時期に入った。僕の住んでいるあたりでは、毎日夕方になると、ムクドリが大量に飛び交っていて、道端の電柱の周りの電線上には、ものすごい数のムクドリが止まっている。僕は、こうした鳥たちの姿をじっと眺めているのが大好きなのだ。しばらくすると今度は、鳥たちが一斉に飛び始めて上空をゆったりと飛び交っていく。こうしたムクドリは、陽射しの暑い真夏にはあまり姿を見せないのだが、秋風が漂い始めると、どこかで秋を楽しもうよと言いながら、ムクドリたちは空を飛び交って楽しんでいるように感じられる。僕自身は、街中にいる猫ちゃんや、元気な犬も大好きで、さらにはムクドリに代表される鳥たちの姿を眺めるのも大好きだ。こうして様々な動物たちの生き様を眺めていると、僕の心の中に爽やかな秋風がフワッと漂っていくのを感じさせてくれるようである。
| - | 14:41 | comments(2) | - |
監督さんを偲びながら
JUGEMテーマ:日記・一般
今月の3日に、僕の誕生日を迎えたのだが、実はその日、文京区にある会場で、ある監督さんを偲ぶ会が開かれることを知らされた。今から三十数年前、僕がラジォ局を退社してナレーターとしての仕事を始めた頃、大変ヒューマンな人柄で熱心に作品と取り組んでいる一人の監督さんと知り合った。その人の名は、長谷川監督。ところが、その人が今年の夏に亡くなられたというのだ。当時は、放送番組ではなく、ほとんどがスライド作品だった。その監督も普段から、周りの人と密接に結びついてとても温かいお人柄だった。その監督さんを偲ぶ会では、その監督さんと仕事上のお付き合いで相当永い間ご一緒してきたスタッフの方も沢山集まっていらした。やはり、このような人間的に素晴らしい監督さんの周りには、同じように温かい人たちばかりが存在しているのだろう。すでに亡くなられたこの監督さんの生き方は、こうして周りの人々に、様々なメッセージを届けてくださっているのだ。
| 武田 広のスタジオ日記 | 10:15 | comments(2) | - |
| 1/131PAGES | >>