CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 僕の好きな交差点 | main | 大声も困るけど? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誰に向かってしゃべればいいんだろう?
この前のバンキシャで、落語家、三遊亭円楽師匠の引退問題を取り上げて、私がナレーションを担当させていただいた。誰もが辿る道とはいえ、あれだけの大御所の落日の様を表現することに、やはり相当気を遣いました。もともと立派な体格と、豊かな声量、細かな表現力、確かな洞察力を併せ持っていらっしゃる方の衰えていく過程を目の当たりにして、こちらもかなり萎縮してしまいました。お聞きになった方はどのようにお感じになったでしょうか?私自身、本当に迷いながらの仕事でした。ところで先日、友人の窪田等氏らと話す機会があって、あるインタビューで、普段どんなことに気をつけているかと聞かれて、「ナレーターは、決して主役になってはいけない。どんな時も黒子を通すべきだ」と彼は答えたそうです。あの「情熱大陸」の名ナレーションも、黒子に徹した結果の産物なんですね。だから、聞く人に感動と情熱と勇気を与えてくれているんですね。ともすると、ニュース番組でも、異様に冷たい読みがあったり、「あんた、何様?」と言いたくなるようなナレーションを耳にしますが、もう一度原点に返って考える時が来てるのかもしれません。あなたはどう思いますか?
| 武田 広のスタジオ日記 | 12:18 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 12:18 | - | - |
コメント
バンキシャ観ませんでした。う〜ん!残念!!
何回か観た事ありますが・・・出ている方が余り好みではなくて〜今時のニースの形態がオカシイな!と思う事がしばしば・・・。
お笑い系とかバラエティー、ワイドショウは余り観ません。ニース番組とかBS系を主に観ます。確かに今ニース番組も変わってきましたね、ナレーションの方によってはかなり内容が違って伝わります。まぁ〜今言える事はメディアは考えないといけない時だと思います。どれ程の影響が大きいかを!話が反れてきましたが、ナレーションの方の役割は大きいと思います。この番組はこの声と!番組を観る前に声で判断することもしばしば・・・声だけで番組が分かるとは凄い事、
勿論、心地良い声だからこそ!!
| | 2007/03/06 6:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hiro-papa1003.jugem.jp/trackback/27
トラックバック
みなさんこんにちわ。 魂の仕事人・第30回がリリースされました。 今回は魂のナレ
| 【第30回】至高のナレーターが語る仕事魂:ナレーター・窪田等インタビュー 【魂の仕事人ブログ】 より | 2008/04/07 7:41 PM |