CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 声に想いを乗せて・・・ | main | 石と共に生きる!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
山小屋での楽しみ・・・
JUGEMテーマ:日記・一般
毎日の暮らしの中でうまい具合に数日間休みが取れると、スバルを駆って山小屋に向かうのが僕たちの密やかな楽しみである。元来僕は動物が大好きなのだが、中でも野鳥をひたすら眺めているのが一番の癒しだ。ヒマワリの種をデッキに置いておくと、次から次へと鳥が食べにやってくる。シジュウカラやゴジュウカラ、コガラ、ヤマガラに加え、時にはヤマバトやイカルといった大型の鳥も姿を見せてくれる。そしてそんな鳥たちの行動につられてやってくるのが、リス。立派な尻尾を持ったリスたちがコソコソとデッキの階段を駆け上ってきては、鳥のエサ台にあるヒマワリの種を両手で大事そうにつかみながら食べる姿は本当に愛らしい。今までは、広いデッキの手すりの方にエサ台を置いていたのだが、彼らの行動をもっと近くで見ることができるようにしようと、デッキの上を自由に移動させられるエサ台を自分で作ってみることにした。今まで使っていた、ストーブ用の薪を乗せた移動式のトロッコの真ん中に木の柱を立てて、その上にエサ台を乗せた新しいエサ台が見事完成した。僕の大好きな鳥とリスたちのために作ったので、名付けて「トリスタワー」。これがあれば、家の中の窓辺で食事をしながら、ほんの数十センチの距離で鳥やリスたちの食事風景をじっくり楽しむことができる。この写真の手前にチラッと映っているのが食卓の端。そして今エサをついばんでいるのは、ヤマガラである。


| 森での暮らし | 14:57 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 14:57 | - | - |
コメント
コメントする